悪玉コレステロールを増やさないためにできること

歳をとってくると、若い頃と違って体のあちこちに支障が出てきます。
肩こりや腰痛のように痛みを感じる症状には、マッサージをしたり湿布を貼ったり
痛みを取り除くための対処をすることができます。

しかし自覚症状がなければ、気づかない間に症状はどんどん悪化してしまいます。
そうなれば重大な病気を引き起こす可能性もありますので、日頃から気をつけなければいけません。

聞き慣れたコレステロールもそういった意味で注意が必要です。
コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。

その悪玉コレステロールが増えすぎると
動脈硬化や脳卒中などの原因となってしまいます。

知らない間に血がドロドロになって血栓ができて
気がついた時には手遅れになってしまう場合もあるのです。

そうならないためには、毎日の食事や運動で予防する事が大切です。

積極的に取りたい食品には、青魚・大豆製品・海藻・らっきょう・玉ねぎなどがあります。
反対に食べすぎないようにしたい食品には、魚卵・洋菓子などがあります。

我が家では朝食時に、ヨーグルトとグラス一杯の野菜ジュースを必ず飲むようにしています。
昼食はみんなバラバラなので、夕食のおかずには注意を払って作るように心がけています。

食卓には、納豆にネギとらっきょうを添えて必ず出します。
料理に使う油は、オリーブオイルかエゴマオイルを使います。
海藻は料理で作らない場合、海苔を食卓に出します。

魚はなるべく青魚を食べるようにしていますが、毎日というわけにはいきません。
補助として、市販で売っているサプリメントも活用しています。

毎日の積み重ねが大切だと思っていますので
これからも家族が健康でいられるような食事を作っていきたいと思います。青汁を選ぶならこちらがおすすめ